シリコン(シリコーン)が成分として入ってないシャンプー、トリートメントをノンシリコン、シリコンフリーなどといいます。 シリコンはそんなに悪いものではないし、ノンシリコンにもデメリット(短所・欠点)はあるのです。 そこでノンシリコンとシリコンの違いをご紹介いたします。

シリコンシャンプー
シリコンとは、元素のひとつ、ケイ素に化学的処置を加えた合成樹脂。シリコンシャンプーで髪を洗うと指通りをなめらかにして 髪の摩擦やダメージを軽減させる、シャンプー中にキューティクルが壊れるのを防ぐ ドライヤーの熱から髪を守る 広がりやすい髪 をしっとりまとめる等の効果があります。 シリコンは洗い流さないトリートメントやヘアワックスなどのヘアケア製品のほか、日焼け止めやファンデーションなどの化粧品 にも配合されています。 シリコンは、とても安全性が高い物質で、しかも、ダメージヘアのコーティングに、すばらしい威力を発揮してくれます。 シリコンは、ストッキングのようにネット状になっています。だから、ちゃんと空気や栄養、水を通すのです。カラーやパーマ液 が通りにくいということもありません。 十分なすすぎができていれば、シリコンが毛穴につまるということもありません。シリコンは、熱にも強く、化学反応しにくいの です。アレルゲンにもなりません。シリコンは、ある意味、一番、安全性が高い物質といっていいのです。

ノンシリコンシャンプー
ノンシリコンとは、言葉通りシリコンが入っていないシャンプーという事ですが、ノンシリコンシャンプーで髪を洗うと頭皮や髪 がすっぴん状態になり、「・洗い上がりが軽やか・サラサラヘアになる・髪がペタンコになりにくい・質の高いトリートメント、コンデ ィショナー」を使用する事で、栄養が髪に浸透しやすくなり、高い効果が出ると言われています。ノンシリコンは防腐剤や香料等が 入っていないので、頭皮や髪に優しいことは間違いありませんがデメリットもあります。

・キシキシする
シリコンのようにすぐつやが出るということはないのでしばらくはノンシリコンのシャンプーを使うとパサパサすると感じるかもしれません。 長い間、シリコンを使っていた場合、シリコンを除去するまでの間のパサパサ感が気になってしまうかもしれません。
・熱に弱い
シリコンで髪をコーティングできないので毎日ヘアアイロンなどで巻き髪を作る人には向いていません。
・持続性が無い
シリコンと違い即効性と持続性がありません。油分でコーティングするため、基本的に持続性がありません。

結果、シャンプーは主に頭皮をマッサージするように使いますが、トリートメント・リンス・コンディショナーは頭皮にはなるべく つけないように、毛先をメインにつかいます。じっさいには、シリコンで毛穴がつまることはありませんが、どうしても、頭皮の毛 穴づまりことが気になる人もいるでしょう。そういう場合は、メインのシャンプーはノンシリコンにして、頭皮につけないトリート メント類はシリコン入りにするのがいいというわけです。
ADDRESS HIGASHINIPPORI, ARAKAWA-KU,TOKYO, 116-0014
© HIKUTE All Rights Reserved.